CEO's MESSAGE

pineal(ピネアル)という会社の由来は、松果体(pineal body)から。

 

松果体は脳内に存在する小さな内分泌器で、2つの大脳半球の間に位置し、概日リズム(体内時計)を調整するホルモンを分泌することで知られています。

脳内の奥深くにある松果体の存在は、古くから神秘的な存在とされ、哲学者たちを魅了してきました。

とくにデカルトは松果体を物質と精神を相互作用させるものと考え、その研究に多くの時間を費やし、松果体を「魂のありか」としました。

私は、過去のビジネス経験を通じて、事業成長に真に必要なものは、「実行推進」にかけるエネルギーであると感じ、それこそが企業の「魂のありか」であると考えています。

企業が「理想の追求」や「答え探し」のみに走り、組織や事業成長が停滞していく様を数多く見てきました。

私たちは「理想」と「実現」という対象的な要素を結びつけることで、「こうすれば良い」とただ語るだけでなく、実現性や実行方法を十分に検証します。

そして、正確な情報・経験・幅広いネットワークを駆使し、クライアントの現場と共に考え、実行責任者の方の腹に落ちるまで協議を重ね、計画の実行までを迅速に支援します。

 

その姿勢こそ、私たちの最大の特長であり、それをもとにお客様とともに大きな成長を目指していきます。

株式会社pineal

代表取締役社長 徳原 靖也

2020年10月13日